2024 年 5月 24日 (金)
ホームライフスタイルビューティーエコからビーガンまで…ビューティ業界にも価値消費旋風

エコからビーガンまで…ビューティ業界にも価値消費旋風

©news1

韓国で価値消費トレンドによってエコやビーガンなどの製品が増えている。ビューティーブランドでも価値消費が浮上している。

価値消費とは、自身が指向する価値にこだわり、価格・満足度などを細かくチェックしながら消費することだ。MZ世代の消費特性として知られ、さまざまなブランドで関連製品を発売している。

まず目につくのは「プラスチック削減」だ。「アロマティカ(Aromatica)」は空き瓶とペットボトルを集めて容器とグッズを作っている。また「リフィルステーション」では、空のボトルや瓶などを持参して中身を詰められるようにした。これによって「パッケージ再利用」文化を定着させ地球にゴミを残さないようにしようとしている。

アロマティカの人気商品の一つである「ROSEMARY SCALP SCALING SHAMPOO」は、容器がシャンプーバーでも使用可能で、2020年の炭素排出量を137トン減らすのに一役買ったといわれている。

ビーガン製品も増えている。

代表的なものはコンテンポラリービューティーブランド「ビーアラウ(beAllow)」は、ビーガンニュートラルパフュームFITREEとGREENRESTを発売した。 動物性原料および有害成分を排除し、サトウキビ抽出天然由来発酵酒精と天然香料を使用した。

また、消臭特化成分HPBCDを含有して悪臭を除去し、良い香りが長く持続し、ほのかな肌の匂いのする香水として開発された。厳選された成分だけでなく、安全な製造過程とエコパッケージで持続可能な価値を実現するクリーンビューティー製品だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular