2024 年 5月 26日 (日)
ホーム経済スタートアップ「クラス101」キム・テフンCPO (下)

「クラス101」キム・テフンCPO (下)

キム・テフン氏©MONEYTODAY

――具体的には。

キム・テフンCPO 受講生の立場からも4000余りのクラスを選んで聞きながら、世の中の多様な知識を学ぶことができる。既存の教育プラットフォームは1つの授業を聞くために受講したとすれば、韓国国内で初めて「購読」体系を導入したクラス101は、講義一つを聞いて終わるのではなく、これまで学んでみようと思わなかった分野に接し学べる機会を与える。アマゾンのようなショッピングモールに入り、多様な商品を購買するように。人々が時間がある時にユーチューブやネットフリックスを見るように、クラス101も学びの領域で両者のような存在になりうると見る。他の人々の教育を通じてこれらをより理解することができ、世の中に対する理解度が広がりつつ学びまである、という点に大きな意味がある。

――業務強度はどうか。

キム・テフンCPO クラス受講生たちが思う存分楽しみ、クリエイターたちは潜在力を一層増幅させることができる一段階進化した機能を作ることに集中している。アマゾンでの8年がまるで20年のような感じだったが、クラス101での時間はアマゾンよりさらに密度が高いようだ。米シアトルで働いているが、まるでソウルで一緒に過ごしているような気がする。すべての変化を受け入れ、躊躇なく直ちに対処し、変える意志のあるリーダーシップと組織の柔軟性が特に印象的だ。

――クラス101はどのようなプラットフォームを目指すか。

キム・テフンCPO 放送で言えばEBSのようなポジションだ。KBSとMBC、SBSが競争するが、EBSは競争しない。EBSのような独自の立ち位置から、グローバルに拡張することをまずしなければならない。米国と欧州、日本と東南アジア市場の顧客需要に合わせて韓国のコンテンツと各国のコンテンツが互いに相乗効果を出せるようグローバルライゼーションすることが課題だ。また、B2Bの側面で国内外の企業とパートナーシップを広げていくこともドライブをかけようとしている。まず年内に50万人以上の購読者確保を目指している。

――スタートアップへの転職を悩んでいる人にアドバイスするなら。

キム・テフンCPO 人生で一番大切なことは学びと成長だと思う。どうすれば幸せに暮らせるかという核心には成長があった。失敗しても成功しても学ぶことがあったなら後悔しなかった。自分が優れていて、メンバーがいくら優れていても失敗することがある。60代になって、どんな姿でいたいかを考えると、40代の今、リーダーシップを持って、他の人が成長できるようにする新しい役割にやりがいを感じ、自ら成長を学ぶことが人生で一番重要だと思う。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular