2024 年 7月 13日 (土)
ホーム経済IT/メタバース「カカオトークついにできた」…火災から10時間で一部復旧

「カカオトークついにできた」…火災から10時間で一部復旧

©news1

韓国京畿道城南市板橋のデータ管理施設「SK C&Cデータセンター」で15日、火災が発生し、韓国の無料通信アプリ「カカオトーク」をはじめとするカカオ主要サービスに障害が発生した。

受信・発信機能の一部は約10時間後の16日午前1時半ごろに復旧したものの、カカオT、カカオマップ、カカオページ、メロンなどカカオトークアカウントと連携したカカオサービスの一部は依然、不具合が続いている。

同センターにはカカオ、ネイバー、SKテレコム、SKブロードバンドなどが入居している。

科学技術情報通信省によると、火災は15日午後3時19分ごろ、電気室で発生し、同22分にはサービス電源が遮断された。カカオでは、午後3時半ごろからカカオトーク、ダウム、カカオマップ、カカオアカウントなどサービス接続に支障が出始めた。

火災によるけが人はいないもよう。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular