2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治航空機に多数の細菌…韓国政府が衛生点検、22.1%で病原菌検出

航空機に多数の細菌…韓国政府が衛生点検、22.1%で病原菌検出

新型コロナウイルス感染のパンデミック当時、防疫作業に取り組む空港関係者ら(写真は記事の内容とは関係ありません)(c)news1

韓国の疾病管理庁が7月31日から11月14日まで航空機の機内衛生点検を実施した結果、多数の病原菌が検出された。

機内の衛生点検は、新型コロナウイルス禍で中断していたが、今回久しぶりに再開された。

疾病庁が海外から国内に入る493便を点検対象に選定。検疫官が乗り込んでビブリオ菌、細菌性脂質菌、病原性大腸菌など腸内細菌10種を検査した。

その結果、58便(11.8%)から腸毒素性大腸菌39件、腸病原性大腸菌32件、腸炎ビブリオ4件、サルモネラ菌4件などが検出された。

仁川空港の場合、計222便のうち22.1%の49便から病原菌が出た。

これを受けて、防疫当局が航空会社に消毒などの対応を要請した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular