2024 年 7月 25日 (木)
ホーム国際米下院議員33人が書簡「児童雇用、韓国・現代自動車の責任者処罰を」

米下院議員33人が書簡「児童雇用、韓国・現代自動車の責任者処罰を」

現代自動車社屋(c)news1

韓国・現代(ヒョンデ)自動車の米アラバマ工場で12歳以下の子供たちが働いていた問題で、米民主党のダン・キルディ議員(ミシガン州選出)ら下院議員33人が10日(現地時間)、早急な責任者の処罰などを求める書簡をマーティ・ウォルシュ労働長官に送った。

議員らは書簡で「現代自動車グループの部品供給業者少なくとも4社が12歳以下を含む児童を組織的に雇用していることが報道で明らかになった」と指摘した。そのうえでキルディ議員は労働省に「児童労働法違反に対する調査を拡大し、企業が違法に児童を雇用できないよう指導することを促した」と明らかにした。

また、議員らは「今年初め、現代自動車は児童を雇用したことが明らかになった協力会社などとの関係を断ち切ることを約束した。それがほごにされることを憂慮している」との懸念を示した。

ロイター通信によると、現代自動車は声明で「児童労働が全面的に容認できないということに同意する」としたうえで「書簡は未成年者雇用疑惑を解決するために労働省と協力して取ってきた包括的な措置が考慮されておらず、失望する」とした。

米当局は昨年7月、グアテマラ移民の子供が失跡した事件の捜査過程で、現代自動車の協力会社が未成年者を雇用した事実を把握した。現代自動車はアラバマ州モンゴメリー近くの金属加工工場の労働者に12歳以下の子供が含まれているとして是正措置を受けた。

現代自動車は今月6日、起亜自動車と共に労働省と児童労働法違反の可能性について議論し、雇用教育プログラムの実施や求職者身分証明書の確認手続きなど新たな措置を取る方針を明らかにしている。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular