2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治韓国尹錫悦大統領を生んだ決定的場面 (上)

尹錫悦大統領を生んだ決定的場面 (上)

2013年10月当時のユン・ソンヨル(尹錫悦)氏©news1

韓国の保守系野党「国民の力」のユン・ソンヨル(尹錫悦)氏が10日、20代大統領に当選した。検事生活26年間のユン氏は選挙期間中、「国民が育てたユン・ソンヨル」を掲げたことからわかるように、ムン・ジェイン(文在寅)政権の失政を背景に「反ムン」の先鋒に立って一気に有力大統領選候補に浮上した。「政治の初心者」という限界を克服して、大統領に選出されるまでの転換点になった決定的なシーンを整理した。

◇文政権で破格の昇進

ユン氏は2013年、当時のパク・クネ(朴槿恵)政権初年、国家情報院のネット書き込み工作事件特別捜査チーム長を務めたことで大衆に印象付けられた。同年10月当時、ソウル中央地検トップの報告と決裁なしに国情院職員らの逮捕令状を申請するなど、書き込み工作事件捜査を強行して停職処分1カ月の懲戒を受けた。

その年、ソウル中央地検の国政監査に出席し、ファン・ギョアン(黄教安)法相(当時)による捜査圧力があったと暴露し、「私は人には忠誠を尽くさない(法に忠誠を尽くす)」と明らかにし、話題を集めた。生きている権力に対する捜査の意志を曲げなかった。ユン氏はこの発言で「全国区の検事」になったものの、翌年には左遷され、大邱高等検察の検事になった。

2017年10月当時のユン・ソンヨル(尹錫悦)氏©news1

以後、パク・クネ政権時に国政介入事件が起き、ユン氏はパク・ヨンス(朴英洙)特別検察官の捜査チーム長に復帰した。

弾劾で政権を取ったムン大統領は2017年4月、「開国功臣」ともいえるユン氏をソウル中央地検長に起用した。ソウル中央地検長の職級を強引に、高等検長級から検事長級に格下げするという破格的な人事だった。

ユン氏は2019年、ムン政権2人目の検察総長に任命された。前任の総長から司法研修院5期を飛び越した破格人事だった。高等検察庁を経ずに、地検長から総長になった最初の事例でもあった。

ユン氏を検察総長に任命する際、ムン大統領は「生きている権力に対しても厳正に捜査してきたのだから、これからも政府であれ大統領府であれ、生きている権力であれ、不正を厳正に根絶してほしい」と頼んだ。

2020年12月9日、ユン検察総長に対する法務省検査懲戒委員会を翌日に控えた日の秋美愛法相©news1

◇曺国、そして秋美愛

ユン氏が大統領候補に浮上したのは、逆説的にムン政権と対立してからだ。

ムン大統領が託したように、検察総長に任命された後、チョ・グク(曺国)法相(当時)をはじめ、蔚山(ウルサン)市長選への介入疑惑、月城(ウォルソン)原発の経済性不当評価疑惑など、“生きた権力”をめぐる捜査の陣頭指揮を取った。この過程で、政権与党の民主党はもとより、ムン政権が任命した法相とも相次いで対立した。

特に、チュ・ミエ(秋美愛)法相(当時)と衝突し、政権との対立の溝が深まった。チュ法相は就任直後、検察人事に踏み切った。ユン総長の側近検事らを左遷させるなど反感をあらわにし、ユン総長の手足を縛った。チュ―ユン葛藤は2020年末、職務排除や懲戒で最高潮に達した。ユン氏は行政訴訟と執行停止申請で対抗し、裁判所が申請を認めたことで職務に復帰した。

パク・ポムゲ(朴範界)法相就任後、与党が検察捜査権を完全に剥奪する中央捜査庁設置法などの立法を推進すると、ユン氏は「職をかける」と反発した。結局、昨年3月4日、「この国を支えてきた憲法精神と法治システムが破壊されている」と述べ、検察総長の辞意を表明した。任期満了を約140日も残したタイミングだった。

©MONEY TODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular