2024 年 6月 21日 (金)
ホーム社会一般飲食店で登録、なのに青少年対象に深夜営業…韓国・金浦市がクラブ営業停止

一般飲食店で登録、なのに青少年対象に深夜営業…韓国・金浦市がクラブ営業停止

京畿道金浦市の青少年対象クラブ=SNSキャプチャー(c)news1

青少年を相手に明け方まで営業していたとして、韓国京畿道金浦市は9日、市内のAクラブに対し、営業停止2カ月の処分をすることを明らかにした。

このクラブは一般飲食店として登録しながら、中学2年生~高校3年生の青少年を対象に、クラブとして運営していたとして摘発された。

食品衛生法施行規則によると、一般飲食店に音響施設を備え、客が踊ることを許可してはならないとしている。

警察も地方自治体と合同で取り締まりを実施し、20代の男性事業主を食品衛生法違反の疑いで立件し、送検した。

店の広報用SNSには、「青少年クラブオープン」いう宣伝文句を掲げ、DJの音楽に合わせて照明の下で客が踊る映像が掲載されていた。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular