2024 年 7月 13日 (土)
ホーム経済流通新型コロナ不況を凌いだファッション4社…輸入・高価ブランドでも通用

新型コロナ不況を凌いだファッション4社…輸入・高価ブランドでも通用

©NEWSIS

新型コロナウイルス感染症拡散で直撃弾を受けた韓国ファッション業界が、昨年の業績回復に成功した。段階的な日常の回復で外出と出勤需要が増えたうえ、消費心理が改善され衣料の購買が増加したことによる影響だ。特に、輸入ブランドの拡大や高級化、オンライン強化戦略も重要消費層として浮上したMZ世代の財布の紐を緩めた。

各社によると、サムソン物産のファッション部門は、昨年の売上高が1兆7670億ウォンと、前年同期比14.4%伸びた。営業利益は1000億ウォンへと黒字転換し、史上最高記録を更新した。 昨年、LFの売上高は1兆7931億ウォン、営業利益は1588億ウォンと、前年比それぞれ11.3%と106.1%増加し、新型コロナ以前のレベルに迫っている。

新世界インターナショナルの昨年の売上高は1兆4508億ウォン、営業利益は920億ウォンで前年比それぞれ9.5%と172.4%増加した。これは新型コロナ以前を上回る水準で、最大実績だった2019年に比べて売上は1.8%、営業利益は8.9%増えた。 現代百貨店系のハンソムは、売上高1兆3874億ウォン、営業利益1522億ウォンと、前年比それぞれ16%と49.1%伸びた。

2020年の新型コロナ拡大直後、外部活動の減少と在宅勤務の拡大でファッション業界の売上は落ち込んだ。しかし、昨年、ソーシャルディスタンスが緩和されたため、消費心理が回復傾向を示し、基底効果が大きく作用したものと分析される。消費回復を追い風に、輸入ブランドと高価ブランドの売り上げも押し上げた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular