2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治ソウル市が自転車安全教育認証制を導入

ソウル市が自転車安全教育認証制を導入

ソウルの公共自転車「タルンイ」(写真=ソウル市)©MONEYTODAY

ソウル市が自転車安全教育を履修し、認証制を通過した市民に公共自転車「タルンイ」の利用料金割引特典を提供する。合格者が「タルンイ」のアプリに会員加入した後、利用券を購入すると、1日券は30%、定期券は15%が自動的に割引される。

ソウル市は安全教育効果の拡大のために安全教育履修後、筆記・実技試験をすべて合格すれば、自転車運転能力認証証を発給する「自転車認証制」を実施している。自転車認証制受験資格を持つのは、自治区やソウル市で施行する安全教育履修者と、行政安全省・ソウル市登録民間自転車団体が施行する自転車安全教育履修者だ。

満13歳以上の自転車認証制「中級」合格者の場合、合格後2年間、タルンイ料金割引の恩恵を受けることができる。今年、自転車認証制は城東(ソンドン)区、松坡(ソンパ)区、麻浦(マポ)区、九老(クロ)区の4カ所で施行される。

自転車整備教育に対する市民の需要も同時に高まる点を考慮し、実習中心の自転車整備教育も年4回実施する。ソウル市は市民が自転車整備教育の参加後、効果的に繰り返し学習できるよう、今年の整備教育の教材コンテンツを開発し、参加者に提供する。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular