2024 年 3月 4日 (月)
ホーム政治・社会・経済コロナの直撃受けた中小型M&A市場が復活

コロナの直撃受けた中小型M&A市場が復活

©MONEYTODAY

新型コロナウイルス感染のパンデミックで萎縮した韓国の中小型買収合併(M&A)市場が、昨年は回復の動きを見せ、今年の展望に関心が集中する。

韓国VC協会によると、昨年、M&A取引情報網を通じて実現した中小型M&A件数は84件だ。新型コロナパンデミック直後の2020年の56件より大幅に増えた。

VC協会関係者は「2016年M&A取引情報網のオープン以後、M&A成功件数は2016年(72件)、2017年(73件)、2018年(78件)、2019年(80件)と継続的に成長してきた。2020年の新型コロナパンデミックに伴う一時的な衝撃から抜け出しているようだ」と説明している。

M&A取引情報網に登録された累積買収、売り件数は2020年(5883件)から2021年(6471件)、2022年4月末は(6657件)で着実に増えている。

専門家は、M&A市場が今年も成長を続けると見込んでいる。世界的な緊縮基調とロシアのウクライナ侵攻の長期化などの悪材料が、むしろ反作用を起こすよう期待している。

ある金融投資業界専門家は「地政学的不安と緊縮基調で金融市場が沈滞し、企業公開(IPO)市場が大きく萎縮した結果、上場要件まで難しくなった状況だ。このような状況で中小・中堅企業が現実的に選択できる資金回収方法はM&Aだ」との認識を示した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular