2024 年 6月 21日 (金)
ホームエンターテインメント韓流俳優、16年前に親にプレゼントした建物を売却…約4400万円の差益

韓流俳優、16年前に親にプレゼントした建物を売却…約4400万円の差益

(c)news1

映画「設計者」封切り(5月29日)を控えた韓国の俳優カン・ドンウォン(43)が、親にプレゼントした韓国南部の土地と建物を売却した。

ビルロード不動産仲介法人によると、カン・ドンウォンは、2008年第2四半期に、故郷である慶尚南道金海市の土地を約1億7000万ウォン(1ウォン=約0.11円)で買い入れた。推定で、坪当たりの価格は約255万ウォンだ。

カン・ドンウォンは個人名義で買収し、土地購入後すぐに親の実居住目的で新築作業に入った。2009年に完成した建物は、本人単独名義で所有権保存登記をした。

地上3階・地下1階建てで、敷地67坪、延べ面積128坪に新築した。建物の前に公園を挟んでおり、眺めもいい。新築当時に設定された根抵当権はなく、全額、現金で新築したとみられる。

ビルロード不動産仲介法人のキム・ギョンヒョン代理は「2009年当時、平均建築費用である坪当たり300万ウォンを延べ面積でかけると、約3億8000万ウォンで新築したものと見られる。土地の買入価格と取得税、法務費用、仲介費用まで加えた買入原価は約5億7000万ウォン程度と推定される」と明らかにした。

カン・ドンウォンの建物の所有権は2020年10月、売渡価格9億7000万ウォンで次の買収者に渡された。差益は約4億ウォンで、10年間で約1.7倍の差益を得たことになる。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular