2024 年 2月 23日 (金)
ホーム経済流通韓国・起亜電気自動車EV5、中国で2000万ウォン(約220万円)台で発売…米テスラに対抗

韓国・起亜電気自動車EV5、中国で2000万ウォン(約220万円)台で発売…米テスラに対抗

EV5(c)KOREA WAVE

韓国・起亜自動車は、25日に公開した電気自動車「EV5」の中国での価格を2000万ウォン(約220万円)後半台に設定した。これは現地で予想した価格の半分近い安さだ。中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)のリチウムリン酸鉄(LFP)バッテリーが搭載され、価格競争力を備えたものと評価される。

海外エネルギー分野の専門メディアである「エレクトリック」は30日(現地時間)、起亜自動車と中国の合弁会社が発表した資料を引用し、EV5の価格が15万9800元(約320万円)に設定されたと報道した。EV5は中国で11月17日に発売される。

EV5は、現代自動車グループの電気自動車専用プラットフォーム「E-GMP」を基盤に製作した起亜自動車の3番目の専用電気自動車。中国市場を狙った現地生産モデルで、全体的な外観はEV9よりやや小型の外形を備えている。

EV5には、「スターマップLEDデイタイムランニングライト」が適用された起亜自動車の新たなタイガーフェイスグリルが前面に適用された。EV5の価格は30万元(約600万円)台と予想されたものの、はるかに安い価格での発売となった。

起亜自動車がこのような価格で発売できたのは、BYDのLFPバッテリーを搭載して価格を下げることができたためと分析される。起亜自動車はEV5の中国販売モデルにLFPバッテリーを搭載し、海外モデルには三元系正極材(NMC、ニッケル・マンガン・コバルトが主成分)バッテリーを搭載する方針だ。

EV5は米テスラのモデルY後輪駆動(RWD)スタンダードモデルより安く発売され、中国の電気自動車市場シェアを一部吸収する可能性もある。

(c)KOREA WAVE

RELATED ARTICLES

Most Popular