2024 年 5月 27日 (月)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み配達アプリ3社「エコ参加」…多回用機サービス本格化

配達アプリ3社「エコ参加」…多回用機サービス本格化

SDGs~韓国の取り組み

(配達の民族提供)©news1

韓国の出前アプリ「配達の民族(Baemin)」「ヨギヨ(Yogiyo)」「クーパンイーツ(Coupangeats)」が29日から「リターナブル容器(多数回使用容器)サービス」を始めた。4月にソウル市と締結した「多数回用配達容器使用活性化」業務協約に伴うサービスだ。

ヨギヨと配達の民族は包装サービスのように、アプリ内に新しいカテゴリーを作り、消費者のアクセス性を向上させた。クーパンイーツは従来と同じ画面で、一般配達とリターナブル容器配達を選べるようにした。

ヨギヨと配達の民族は、アプリのメイン画面に多数回容器カテゴリーを新設し、消費者が日常の中でエコを実践できるようにする。リターナブルサービス業者はそれぞれ「イットグリーン(Itgreen)」と「リターニット(Returnit)」を利用する。

クーパンイーツは別途カテゴリーを新設せず、注文ページで「リターナブルサービス」を選択できるようにする。リターナブル容器の回収と洗浄などのサービスは「イットグリーン」が担う。

サービス地域は需要調査の結果、ソウル市江南(カンナム)区を選んだ。クーパンイーツは江南区の一部地域、配達の民族は江南区と瑞草(ソチョ)区、ヨギヨは既存のモデル事業地域である江南区に加え冠岳(クァナク)区、広津(クァンジン)区、西大門(ソデムン)区など、学生街を中心にサービス地域を拡大する。配達の民族とクーパンイーツも今後サービス地域を増やす予定だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular