2024 年 6月 23日 (日)
ホーム特集KW レポート自営業者に「耐える時間」を 韓国・崖っぷちの自営業者 (4)

自営業者に「耐える時間」を [KWレポート] 韓国・崖っぷちの自営業者 (4)

(c)news1

専門家は当面、自営業者の脱落を防ぐため、支援が避けられないと強調する。具体的には、貸出利子猶予などの金融費用や、電気・ガス料金など公共料金負担を減らすことが考えられる。

梨花女子大学のソク・ビョンフン経済学科教授は次のように提言する。

「借金を帳消しにするのは不可能だが、既存の貸出に対しては満期を延長すべきだ。新型コロナウイルス感染当時、防疫に協力して借金が多く増えたので、売り上げが回復するまでは支援が必要だ」

最低賃金の引き上げ幅を最小化すべきだという主張もある。追加引き上げの際、経営環境がさらに悪化するという理由からだ。

小商工人連合会が先月発刊した「最低賃金実態調査」によると、自営業者の79.2%が「現在の最低賃金9620ウォン(1ウォン=約0.1円)を支給するのに負担だ」と答えた。現在、来年度の最低賃金をめぐって使用者側は9700ウォン、労働者側は1万2000ウォンで対抗している。

韓国経済研究院のチョ・ギョンヨプ経済研究室長は「この間、最低賃金をあまりにも急激に引き上げた側面があるが、当分は自営業者に適応する時間を付与する必要がある」と話した。

◇問題の本質は「供給過剰」

長期的には自営業者を賃金勤労者に転換させるなど「構造調整」を並行させるべきだとの提言が出ている。韓国の自営業者の割合(20%)は、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち上位8位に入る。

漢城大学校経済学科のキム・サンボン教授は次のような見解を示す。

「今のように、自営業者が困難に陥っているのは『過当競争』が起きたためだ。製造業など他産業の賃金勤労者転換させることが重要だ。今からでも引退を控えた人々には再教育支援を施し、彼らを雇用する企業にはインセンティブを付与する方法を考える必要がある」

小商工人連合会のチャ・ナムス政策広報本部長も同様に「自営業者が集まっている『サービス業』は、技術熟練度を要しない分野だが、言い換えれば、彼らは“サービス業以外にできることがない”という意味だ。彼らに一定規模の手当てを支給しながら、再就職のための教育を支援する必要がある」と提言する。

自営業者の「安定的な廃業」のための安全網を整えるべきだという声もある。

信用保証財団中央会によると、自営業者が廃業にかかった費用は平均1969万ウォンだった。小商工人振興公団は現在、廃業自営業者に対して250万ウォンの店舗撤去費を支援している。

ソク教授は「廃業費用を支援し、他の業種に進めることができるよう支援することも、自営業者の競争力を引き上げる方法の一つ」とみる。

(おわり)

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular