2024 年 7月 13日 (土)
ホーム政治尹大統領、国政評価肯定46.6%・否定47.7%…就任6週間で逆転

尹大統領、国政評価肯定46.6%・否定47.7%…就任6週間で逆転

©NEWSIS

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の国政遂行に対する肯定評価が4週間連続で下落し、肯定と否定が逆転する「デッドクロス」が起きた。

リアルメーターが20~24日、全国18歳以上2515人を対象に調査し、6月4週目の週間集計を26日に発表した。

それによると、ユン大統領の国政遂行(就任7週目)肯定評価は46.6%、否定評価は47.7%となった。よくわからないは5.7%だった。

肯定評価は前週比1.4%下落した半面、否定は2.3%上昇して1.1ポイント上回った。リアルメーターの調査で、ユン大統領就任以来初めてのデッドクロスとなった。

肯定と否定の間の差は誤差範囲内だが、否定評価の上昇幅が肯定評価の下落幅より高く、否定が上昇する傾向が続く可能性がある。

ユン大統領の国政遂行に対する肯定評価は、5月の4週目に54.1%で最高値を記録した後、6月に入って52.1%→48.0%→48.0%→47.7%で下落傾向が続いている。一方、否定評価は5月の4週目の37.7%から始まり、6月に入って40.3%→44.2%→45.4%→46.5%と、1カ月で6.2ポイントも上昇している。

地域別では、ソウルと大邱(テグ)、慶尚北道(キョンサンブクド)を除いた地域で支持率が下落した。特に仁川(インチョン)、京畿道(キョンギド)地域では否定評価50.9%で半数を超えた。

性別では男性の支持率が先週比2.7%下落し48.8%、女性は44.3%が「肯定」、48.6%が「否定」だった。年代別では60代以上を除いて全年齢層で支持率が下落している。

リアルメーターのペ・チョルホ首席専門委員は、デッドクロスが起きたことについて「警察の治安監(日本の警視監に相当)人事が覆された事態をめぐる批判と、これに対するユン大統領の『国旗紊乱(びんらん)』発言、雇用労働省の週52時間制の改編発表と関連した大統領室の混乱などに起因している可能性がある」と分析している。

政党支持率は国民の力が先週から2.0%下がった44.8%、共に民主党が0.1%上昇した39.5%、正義党34.2%、その他政党1.9%だった。国民の力と民主党間の格差は5.3ポイント差で誤差範囲外だが、6月1週目から4週目の差がさらに縮まっている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular