2024 年 6月 19日 (水)
ホームエンターテインメントBTSチャプター2…チームの未来は「?」ではなく「!」 (下)

BTSチャプター2…チームの未来は「?」ではなく「!」 (下)

RM(Instagramキャプチャー)©NEWSIS

◇Weverse Album

個別アルバムを通じて多様な活動形態の実験も可能だ。

BTSの所属事務所BIGHIT MUSICはJ-HOPEの今回のアルバムを実物CDのない「Weverse Album(ウィバースアルバム)」として発売する。BIGHIT MUSICの親会社HYBEのプラットフォーム「Weverse」のアプリでQRカードを認識した後、音楽を聴いたりフォトカードを見たりできるシステムだ。

この形式のアルバムを購入すれば、ガオンチャートとハントチャートには反映される一方、伝統的なアルバムであるCD販売量を重視する米ビルボードチャートには反映されない。音源をダウンロードするトラック数(TEA)はビルボードに反映される。

HYBEがこうした試みに乗り出した背景には、プラスチックで作られる実物のアルバムが環境に有害であるという指摘があるようだ。HYBE傘下のPLEDISエンターテインメントのグループ「fromis_9」は最近発売したミニ5集を「Weverse Album」としても出している。

BTSのネームバリューを考えれば、こうした議論がさらに活発化すると予想される。

VとBLACKPINKリサ(AP)©NEWSIS

◇多彩な個別活動

J-HOPEは米大型ロックフェスティバル「ロラパルーザ(Lollapalooza)」の最終日(今月31日)にヘッドライナーとして出演し、祭りのフィナーレを飾る。BTSメンバーが個別に音楽フェスティバルに出演するのも今回が初めてだ。

音楽以外にもメンバーは既に個別スケジュールを消化中だ。

美術愛好家のRMは、最近公開された世界的アートフェア「The Art Basel」ポッドキャストに出演し、自身が芸術に目覚めるようになった契機などについて伝えた。自分が所蔵した美術品を展示する小さな空間を作る計画があると明らかにし、話題になったりもした。

V(キム・テヒョン)は最近、フランス・パリで開かれたファッションショーに参加した。Vはメンバーの中で唯一、ドラマに出演しており、この方面での活躍が予想される。

BTSのファンダム「ARMY」の間で「ミンPD」と呼ばれるSUGAは、多様なプロデューシング作業に乗り出すものと予想される。これまでにも、ホールジーの「SUGA’s Interlude」、マックスの「Blueberry Eyes」、イ・ソラの「リクエスト曲」など、多様なジャンルのトップ歌手とコラボした。最近は歌手兼プロデューサーのサイ(psy)の「That That」を共同プロデュースし、「ホット100」80位にランクインさせている。

JUNGKOOKは昨年、ミックステープを準備していると予告した。ダンスに長けたJIMINは、音楽だけでなく、サプライズプロジェクトを披露する可能性もある。一番先に軍入隊が予定されているJINは、休息を取りながらARMYにサプライズプレゼントを伝えるものと見られる。

BTSメンバーにとって、グループ活動中断は、今後のチーム活動に対する疑問符「?」ではなく、より強力な感嘆符「!」で表現される「希望と可能性」を秘めている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular