2024 年 5月 24日 (金)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み顧客の要請なしに食堂の使い捨て用品の提供禁止

顧客の要請なしに食堂の使い捨て用品の提供禁止

SDGs~韓国の取り組み

プラスチック使い捨てカップに覆われた地球と人間の姿を表すパフォーマンスをする労組関係者©news1

韓国環境省はこのほど、脱プラスチック対策をまとめ、食堂やカフェでの使い捨てカップ、食器の提供を原則禁止することを決めた。

環境省は、2021年に排出された廃プラスチック量492万トン(暫定)を2025年までに393万トンまで減らすとの目標を示した。

目標達成に向け、キオスクや小売店、配達サービスでは、使い捨て用品を提供しないことを原則とし、顧客が希望する場合に限って提供する。

また、政府はリサイクル容器をレンタルしたり、洗浄したりするサービスの普及も図る。具体的には、リサイクル容器や洗浄機の購入費用を支援するほか、非対面でよく使われる宅配ボックスについても、繰り返し使えるものに変えていく。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular