2024 年 7月 25日 (木)
ホーム経済スタートアップ韓国政府、地方都市にも「環境に配慮した」スタートアップタウン造成

韓国政府、地方都市にも「環境に配慮した」スタートアップタウン造成

グリーンスタートアップタウン造成総合計画図(中小ベンチャー企業省提供)(c)NEWSIS

韓国中小ベンチャー企業省はこのほど、今年のグリーンスタートアップタウン造成地として慶尚南道(キョンサンナムド)晋州市(チンジュシ)が最終的に選定した。晋州市に「グリーンスタートアップタウン」が造成されることになる。

グリーンスタートアップタウン造成事業は複合ハブセンターの建設を支援するもので、スタートアップパークや知識産業センター、メーカースペースなど既存の創業支援インフラが「一つのクラスター」を形作るよう集積する。

また、都市再生地区と連係して、住居・文化・交通施設など生活型インフラを、青年層が好むよう造成し、環境にやさしい企業や気候テック、航空宇宙、抗老化、グリーンエネルギー産業関連のスタートアップを誘致する。

建物内にエネルギー管理・再生可能エネルギー活用システムを構築するよう義務づけている。

中小ベンチャー企業省はこれまでに、2020年に忠清南道(チュンチョンナムド)天安市(チョナンシ)▽2021年に光州(クァンジュ)広域市▽2022年には大邱(テグ)広域市と江原道(カンウォンド)原州市(ウォンジュ)――の計4広域市・道にグリーンスタートアップタウンを造成している。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular