2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治韓国大統領選まで60日、「キャスティングボート」握る忠清道で与野しのぎ削る

韓国大統領選まで60日、「キャスティングボート」握る忠清道で与野しのぎ削る

イ・ジェミョン(李在明)氏©news1

韓国大統領選(3月9日)まで60日となり、キャスティングボートを握る忠清(チュンチョン)道地域で与野党が勢力拡大を図っている。

与党「共に民主党」は8日午後5時30分、大田(テジョン)市中区のキリスト教連合奉仕会館コンベンションホールで、大統領候補のイ・ジェミョン(李在明)氏直属の「均衡発展委員会忠清地域本部」の発足式を開く。地域本部の発足式は今回が初めて。

均衡委は「均衡発展に向けて公正な成長をしっかりと」などをキャッチフレーズに掲げる組織。

大田委員長に大田大のクァク・ヒョングン教授▽世宗委員長に弘益大のキム・ギス元教授▽忠南委員長に公州大のイ・ジェワン教授▽忠北委員長に西原大のキム・ヨンチャン名誉教授――をそれぞれ任命し、イ・ジェミョン氏の「均衡発展5大核心公約」を発表する。

ユン・ソンヨル(尹錫悦)氏©news1

保守系野党「国民の力」は8日午後3時、大田市東区サンシャインホテルで「大田・世宗・忠清未来戦略委員会」創立総会を開き、本格的な忠清圏未来戦略樹立と政策開発に突入する。

同委員会は、大統領選と地方選(6月1日)を「地域均衡発展」の転換点とし、「忠清発国政改革」を先導しようという目標を立てている。

共同代表にはチェ・ヨンミョン元韓国原子力統制技術院長、チャン・ムニ元韓国原子力学会長、忠南大副総長のキム・ギス、カン・ビョンス両氏、建陽大のイ・ドンジン副総長、中都日報のチョ・ソンナム元主筆、クムガン日報のユン・ソングク元社長、イ・ミョンス議員、イ・チャンウ元議員ら9人を委嘱する。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular