2024 年 2月 23日 (金)
ホーム社会韓国・雇用増加幅が4四半期連続鈍化…20代だけ半年連続減少

韓国・雇用増加幅が4四半期連続鈍化…20代だけ半年連続減少

(c)NEWSIS

韓国統計庁がこのほど発表した「2023年第1四半期(1~3月)賃金労働雇用動向」によると、2月からの第1四半期の賃金労働雇用は2205万7000件で、前年同期に比べ45万7000件増えた。増加幅が4四半期連続鈍化し、特に20代以下だけ2四半期連続でマイナスを記録した。

増加幅は昨年第1四半期に75万2000件でピークに達し、その後は第2四半期(4~6月)62万8000件、第3四半期(7~9月)59万7000件、第4四半期(10~12月)49万1000件、今年第1四半期45万7000件――と、鈍化傾向を見せている。

雇用先の中で、1年前と同じ労働者である持続雇用は1416万2000件(70.1%)、退職・離職で労働者が交代した雇用先は344万4000件(17.0%)だった。

新規雇用先は260万件(12.9%)。逆に消滅した雇用先は214万3000件だった。

年代別に見ると、20代以下の雇用は6万1000件減少し、昨年第4四半期(-3万6000件)に続き2四半期連続で減少した。

20代以下は新型コロナウイルスの感染拡大が続いた2020年第2四半期が-8万2000件で、2020年第3四半期は-8万6000件となり、歴代最大の減少を記録した。その後、2021年第2四半期からプラスに転じたが、昨年第4四半期から再び減少していた。

20代以下の雇用は主に卸小売(-2万8000件)、事業・賃貸(-1万8000件)、公共行政(-1万3000件)などで減少した。

一方、他の年齢層は増加傾向にある。60代以上(30万5000件)、50代(14万1000件)、30代(3万8000件)、40代(3万5000件)――だった。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular