2024 年 5月 23日 (木)
ホーム経済IT/メタバース韓国・仁川でAIロボットがパトロールへ…治安産業展で開発企業がマシーン公開

韓国・仁川でAIロボットがパトロールへ…治安産業展で開発企業がマシーン公開

人工知能パトロールロボット「ニュービー」(c)KOREA WAVE

韓国ロボ開発スタートアップの「ニュービリティー」は、来月から仁川・松島セントラルパークでパトロールロボットを運用する。カメラベースの自動運転配達ロボット「ニュービー」をパトロール用に改良した。

ニュービリティーは18~21日に仁川・松島コンベンションセンターで開かれた韓国初の治安産業専門B2B展示会「第5回国際治安産業大展」(韓国警察庁主催)に参加し、警察庁交通局統合ブースに展示場所を設けた。

カメラベースの自動運転で、合理的な費用で複雑な都心走行が可能な配達ロボットと、決められたパトロール区間を自動運転しながら警備員の負担を軽減するパトロールロボットなどを公開した。

ニュービリティーの人工知能(AI)パトロールロボットは、自動運転ロボット「ニュービー」に夜間パトロール用の低照度360度回転カメラを搭載した。設定した空間の中を自ら走行しながら24時間映像モニタリングと警告放送など、パトロールを実施する。警光灯もある。ロボットは最大8時間連続走行が可能だ。

ニュービリティーは3月にSKシールド、SKテレコムとパトロールロボット商用化のための業務協定を結んだ。3社はパトロールにおけるロボット活用の可能性に注目。治安強化と施設管理に向け、ロボットが指定された区域内をパトロールできるよう協力している。そこで、ニュービリティー自動運転ロボット技術にSKテレコムのAI・映像伝送技術、SKシールドが保有しているセキュリティ技術・流通網を活用した。

(c)KOREA WAVE

RELATED ARTICLES

Most Popular