2024 年 6月 16日 (日)
ホーム経済IT/メタバース韓国ネイバーペイとカカオペイ、ともに外形的に成長…オフラインの勝者は?

韓国ネイバーペイとカカオペイ、ともに外形的に成長…オフラインの勝者は?

(c)MONEYTODAY

韓国の決済サービス「ネイバーペイ」と「カカオペイ」の第3四半期(7~9月)累積決済額が1年前よりそれぞれ23%、15%増加したことがわかった。両社とも外形的な成長に成功したが、特にネイバーペイはオフライン決済額をはじめ、売り上げと直結する指標で成長が目立った。一方、カカオペイはオンライン送金を含めた取引額部門でネイバーペイを圧倒的にリードした。

ネイバーペイによると、今年第3四半期の累積決済額は15兆2000億ウォン(1ウォン=約0.1円)だった。昨年第3四半期の12兆4000億ウォンに比べて22.6%増えた。決済額とは、ネイバーペイを利用して商品・サービスなどを決済した額を集計した数値で、オンライン送金額は除外される。

同期間、カカオペイの売り上げ寄与取引額は9兆1000億ウォンから10兆5000億ウォンへと15.4%増加した。売り上げ寄与取引額は、カカオペイが全体取引額の中で売り上げに影響を及ぼす取引額だけを別に集計した数値だ。

決済額は売り上げ寄与取引に含まれるが、オンライン送金額は除外される。加盟店から手数料収益が得られる決済サービスとは異なり、オンライン送金は収益に直接寄与するサービスではないためだ。むしろ、オンライン送金のたびに会社側が銀行に手数料を支払わなければならないため、サービスだけを見れば赤字事業に近い。

オフライン決済部門でもネイバーペイの実績がさらに急激に上昇した。オフライン加盟店で発生したネイバーペイの第3四半期累積決済額は1兆7000億ウォンで、1年前の8000億ウォン台から約2倍となった。サムスンペイとの提携がネイバーペイのオフライン成長に決定的な影響を及ぼしたものと見られる。今年3月、ネイバーペイは自社アプリでサムスンペイを利用できるようにし、オフライン決済の利便性を高めた。現在、国内のほとんどの加盟店でネイバーペイでの決済が可能だ。

一方、カカオペイの第3四半期オフライン累積決済額は昨年同期比約29%増加した。カカオペイはオフライン決済額の細かな数字を公表していない。

ネイバーペイの決済額の成長率がカカオペイを上回り、売上高でもネイバーペイがさらに高い成長傾向を示した。ネイバーペイ(フィンテック部門)の第3四半期の累積売上高は3408億ウォンで、1年前の2962億ウォンと比べて15.1%増加した。この期間、カカオペイの累積売上高は1414億ウォンから1589億ウォンへと12.4%増えた。

ただ、オンライン送金を含めた取引額では、カカオペイがフィンテック部門では首位の座を維持している。カカオペイの今年第3四半期の累積取引額(売り上げ寄与取引額+オンライン送金額など)は36兆2000億ウォンで、昨年の30兆5000億ウォンに比べて18.7%増加した。ネイバーペイはオンライン送金の規模が微々たるもので、数値を公開していない。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular