2024 年 2月 24日 (土)
ホーム社会韓国サムスン電子、女性人材の割合拡大…「世界でキャンペーン」

韓国サムスン電子、女性人材の割合拡大…「世界でキャンペーン」

ソウル市瑞草区のサムスン電子瑞草社屋(c)NEWSIS

韓国サムスン電子が持続可能経営の一環である多様性確保を通じて、女性役職員も最大限力量を発揮できるようさまざまな機会を提供している。

サムスン電子の半期報告書によると、昨年上半期時点で国内3万638人だったサムスン電子の国内女性人材は、今年は3万2648人へと1年間で2010人増加した。雇用増加率で見れば6.6%レベルだ。同期間、男性職員が8万7266人から9万1422人へと4.8%増えたことより大きい増加規模だ。

グローバルレベルでも韓国・欧州・中東地域を中心に女性人材の割合が増えている。

韓国の場合、2020年女性人材の割合は24.9%から2021年25.1%、2022年25.2%へと毎年増加し、欧州は同期間33.8%から34%まで上がり、昨年は40.1%になった。中東地域も同期間11.3%から14.5%に増加し、昨年15.6%へと上昇している。

東南アジア・西南アジア・日本地域の場合、女性人材比率が49.5%に達し、アフリカも女性役職員の割合が42.6%で高い方だ。

サムスン電子は職業経歴開発のための教育とともにコロンビア、南アフリカ共和国などで女性の役割を強調するキャンペーンを実施している。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular