2024 年 4月 14日 (日)
ホーム政治韓国の人口、初めて減少…高齢者900万人に迫る「超高齢社会」加速 (下)

韓国の人口、初めて減少…高齢者900万人に迫る「超高齢社会」加速 (下)

©NEWSIS

◇高齢人口16.8%「最大」…4人が高齢者1人扶養

韓国の全体人口のうち65歳以上の高齢人口は870万7000人で、900万人に迫った。人口に占める割合は16.8%と、過去にない高水準だ。

国連は65歳以上の人口が全人口に占める割合が7%以上なら高齢化社会、14%以上は高齢社会、20%を超えれば超高齢社会としている。韓国は2018年(14.4%)高齢社会に区分され、「超高齢社会」入りを目前に控えている。

一方、15~64歳の生産年齢人口は3694万4000人(71.4%)で、前年(3728万8000人)より34万4000人減(-0.9%)。生産年齢人口は2017年に初めて減少した後、2018年に増加したが、2019年から再び下落傾向を見せている。

少子化が深刻化していることで、0~14歳の幼少年人口は608万7000人(11.8%)で、前年より-2.7%(-16万7000人)だった。幼少年人口は2016年に高齢人口に追い越され、年々、差が広がっている。高齢人口は幼少年人口より262万人多い。

幼少年扶養比(生産年齢人口100人当たりが扶養しなければならない幼少年人口)は16.5で前年より0.3ポイント減少したが、老年扶養比は23.6で1.3ポイント増加した。生産年齢人口4人で1人の老人を扶養しなければならないという計算になる。老年扶養比は2005年に12.9、2017年に19.1、2018年に19.8、2019年に20.8、2020年に22.2と年々増加している。

老齢化指数(幼少年人口100人当たりの高齢人口)は143.0で、2020年の132.5に比べて10.5も増加した。中位年齢(人口の真ん中の年齢)は44.5歳で前年より0.6歳上がった。

圏域別に見ると、幼少年人口は嶺南圏(-3.2%)、湖南圏(-2.9%)、首都圏(-2.4%)、中部圏(-2.4%)の4大圏域でいずれも減少した。高齢化指数は全羅道圏(165.5)が最も高く、首都圏(126.6)が最も低かった。

◇外国人165万人

国内で3カ月以上居住している外国人は165万人で総人口の3.2%を占める。前年より2.7%(-4万7000人)減少している。

生産可能年齢の割合が89.6%で最も多く、幼少年人口と高齢人口の割合はそれぞれ5.1%、5.3%に止まった。年齢別に見ると、30代が28.2%(46万6000人)で最も多く、20代23.1%(38万1000人)、40代16.6%(27万5000人)が続いた。

外国人の61.7%(101万9000人)が首都圏に居住。市郡区別では、京畿道安山市が8万人(4.8%)で最も多く、水原市(5万4000人、3.3%)、始興市と華城市がともに5万3000人(3.2%)だった。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular