2024 年 6月 19日 (水)
ホーム社会離婚をいつ実感?…韓国の女性「家計の中心になる時」男性「安い家に引っ越した時」

離婚をいつ実感?…韓国の女性「家計の中心になる時」男性「安い家に引っ越した時」

ソウル市麻浦区のウェディング通りの商店に陳列されたウェディングドレス(c)NEWSIS

安い家に引っ越す時? それとも家庭の経済権を握った時?――。韓国のトルシング(帰ってきたシングル=離婚経験者)に「離婚をいつ実感したか」と尋ねたところ、男性は前者、女性は後者を回答した人が最も多かった。

結婚情報会社「ビエナレ(Bien Aller)」と再婚専門の「オンリーユー(Only You)」が共同で17~22日、トルシング男女各258人にアンケートを実施したところ、

男性の42.3%が「近郊など安い家に引っ越した時」、女性の44.2%が「家庭の主な経済権者になった時」と答えた。

女性は▽近郊など安い家に引っ越す(24.0%)▽家の行事に1人で行く(17.1%)▽子どもと別居(12.4%)――が続き、男性は▽子どもと別居(21.3%)▽家事の責任を1人で負う(18.2%)▽家の行事に1人で行く(13.2%)――などを挙げた。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular