2024 年 5月 27日 (月)
ホーム政治金建希氏、公職選挙法違反の「容疑なし」、不送致

金建希氏、公職選挙法違反の「容疑なし」、不送致

マドリードのスペイン韓国文化院を訪問したキム・ゴニ(金建希)氏(大統領室写真記者団)©news1

韓国・ソウル警察庁はこのほど、公職選挙法違反容疑で告発されていたユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の妻キム・ゴニ(金建希)氏について、証拠不十分と判断、不送致とした。

キム氏をめぐっては、大統領選当時、YouTubeチャンネル「ソウルの声」のイ・ミョンス記者に講義料を支給していたとして、市民団体が今年1月、公職選挙法違反(放送・新聞などの不法利用のための買収)容疑でソウル中央地検に告発していた。

警察当局は、キム氏がイ記者に講義料名目で105万ウォンを渡して「一緒に仕事をすれば1億ウォンを与える」と言及した点は認められるとした。だが、イ記者はキム氏の母親の事件などの取材のために通話した▽選挙関連報道への言及がなかった▽イ記者がユン氏やキム氏側に有利な報道をしたわけではない――などから、その金がメディアの不法利用のための買収目的で支払われたことを裏付ける証拠はない、と結論づけた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular