2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治・社会・経済昨年、国家技術資格の受験が25%急増…「会社員」の割合が高く

昨年、国家技術資格の受験が25%急増…「会社員」の割合が高く

昨年6月14日、京畿道水原市八達区のサムイル工業高等学校で実習教育をする機械科の生徒たち©NEWSIS

韓国で昨年、国家技術資格の受験者が25%以上増加したことがわかった。特に会社員の受験比率が高かった。

雇用労働省傘下の韓国産業人力公団が11日発刊した「国家技術資格受験者基礎統計」によれば、昨年、国家技術資格筆記試験の受験者は227万125人で、前年(181万464人)に比べて25.4%も増加した。

受験者数を国家技術資格等級別に調べれば、上位等級である「技師」比率は26.8%で前年(25.6%)より増加した。半面、下位等級である「技能士」は52.8%で前年(55.0%)より減った。

公団は「産業発展と高学歴化により上位等級受験者は増加した半面、学生の減少などで下位等級は減少傾向にあると見られる」と話した。

特に、受験者の属性を見ると、就業者(賃金労働者)の割合は34.4%で最多。続いて学生29.7%、就職準備生(求職者)22.6%、その他13.3%の順だった。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular