2024 年 7月 20日 (土)
ホーム政治北朝鮮平壌マラソン中止…北朝鮮「太陽節」110周年にコロナの影

平壌マラソン中止…北朝鮮「太陽節」110周年にコロナの影

平壌マラソン大会の資料写真(ヤングパイオニアツアースのホームページ)©news1

北朝鮮が来月10日の開催を予定していた平壌マラソンを取り消したと、北朝鮮専門旅行会社の高麗ツアースが発表した。新型コロナウイルスの影響とみられる。太陽節(4月15日)を記念した慶祝行事の計画にも影響を及ぼすと推測される。

毎年4月の太陽節を記念して開かれる平壌マラソン大会は、新型コロナの影響で2019年を最後に開催できずにいる。高麗ツアースが昨年11月、今年のマラソン大会再開を予告したが、大会1カ月を前にして立ち消えとなった。

北朝鮮は当初、コロナ終息を念頭に置いて今年の大会開催を計画していたが、拡散傾向が依然続き、大会を取り消したものとみえる。

マラソンが取り消されたことで、同時期の太陽節慶祝行事も人的交流なしに内部行事を中心にするよう計画が変更されたと推測される。

北朝鮮はこれまで「太陽節」周年(5・10年単位で区切られる年)を迎え、国際行事を開いたり、外信記者らを大挙して招いて大々的に軍事パレードなどを開催してきた。今年も大々的なパレードを準備する可能性があるが、部外者の観覧は難しいものとみられる。

その代わり、北朝鮮はキム・イルソン(金日成)主席の生涯と業績を強調する演劇や歌劇など、芸術公演でお祭りムードを盛り上げるものと予想される。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular