2024 年 6月 12日 (水)
ホーム政治韓国尹錫悦氏「当選した時から“ひとりご飯”はない」

尹錫悦氏「当選した時から“ひとりご飯”はない」

16日、ソウルの執務室周辺の飲食店で、引き継ぎ委メンバーとキムチチゲを食べるユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領(ユン氏側提供)©news1

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領の「昼食の時間」が注目されている。

周辺によると、ユン氏は今月14日、ソウル市鍾路区通義洞(チョンノグ)の金融監督院研修院に設けられた執務室に初出勤した日から17日まで欠かさず「公開昼食会」を開いている。

当選後、初めての現場訪問で注目を集めた14日、南大門(ナムデムン)市場訪問でユン氏は商人連合会関係者らと市場内の有名クッパ店で食事をした。

ユン氏は、席に座った商人会関係者らのために、直接スプーンを放し、クッパが出ると、胡椒を直接ひいた。ユン氏側の関係者は「ユン氏の候補時代から見てきた姿なので特別ではなかった」と伝えた。

最初の地方日程のがあった15日には、慶尚北道・江原道東部の山火事事故当時、消火部隊に無料で食事を提供した中華料理店で、関係者らと「チャンポン」を食べた。

この食堂は山火事当時、善意を施したことで有名になり、「トンチュル」(善行を施した食堂や商店などが金銭面で大変な目に遭うという意)が出た所だ。ユン氏がこの知らせを聞いて、直接ここで食事をするよう指示したという。

16日には執務室近くのある食堂で、政権引き継ぎ委員会のアン・チョルス(安哲秀)委員長、クォン・ヨンセ(権寧世)副委員長、ウォン・ヒリョン(元喜龍)企画委員長、チャン・ジェウォン(張済元)秘書室長、ソ・イルジュン(徐一俊)秘書室長とキムチチゲを食べた。

さらに前日には、キム・ハンギル(金漢吉)国民統合委員長やキム・ビョンジュン(金秉準)地域均衡発展特別委員長、パク・ジュソン(朴柱宣)大統領就任式準備委員長、チャン・ジェウォン氏らと執務室近くのあるイタリアンレストランで昼食を共にした。

ユン氏はサラダからピザまで、昼食の間、「元老」たちに自ら料理を器に盛って渡した。

4回の昼食を貫くキーワードは「Noホンパプ(ひとりでの食事)、市民との接触(散歩)」だ。

ユン氏は昨年9月、あるテレビのバラエティー番組に出演し、「大統領になるなら、1人で食事をするつもりはしない。人がご飯を分け合うのが疎通の基本。国民の前に隠れない」と約束した。現在まで約束を100%守っているわけだ。

16日午後、ソウル市鍾路区で昼食を終えた後、引き継ぎ委メンバーと散歩しながら市民らと写真を撮っている(国会写真取材団)©news1

ユン氏は食事を終え、周辺を歩きながら市民との交流にも躊躇しない様子だ。大統領級の警護を受けているにもかかわらず、一般食堂で市民とともに食事をする姿は珍しい場面だ。大統領が滞在したり移動する場所は、保安と警護のために空けたり遮断したりするのが一般的だが、ユン氏はそのような指示をしていないという。

南大門市場を訪問した時も、執務室近くのキムチチゲ屋やイタリアンレストランを訪問した時も、ユン氏は人々と一緒に歩いて移動し、復帰した。南大門市場の入口から車から降りたユン氏は、懇談会場に移動したり、懇談会場から食堂に移動したりする時にすれ違った市民・商人たちとのスキンシップをみせた。撮影の要求には快く応じながら、一緒に写真を撮る姿も撮られた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular