2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済上半期の健康保険診療費50兆突破…今年100兆ウォン超える見込み

上半期の健康保険診療費50兆突破…今年100兆ウォン超える見込み

国政監査で議事を進行するチョン・チュンスク国会保健福祉委員長©news1

韓国の健康保険診療費が2022年上半期で50兆ウォンを超えた。2021年上半期との割合を勘案すれば、年末までに総診療費は100兆ウォンを超えるものとみられる。

国民健康保険公団が公開した「2022上半期健康・老人長期療養保険主要統計」によると、2022年上半期健康保険診療費は50兆845億ウォンを記録し、前年同期の44兆8823億ウォンより11.6%増加した。診療費のうち公団が支給した給与費は37兆4074億ウォンで、健康保険給与率は74.7%水準だ。

2021年の健康保険診療費総額93兆5011億ウォンから上半期の増加率を勘案すれば、2022年には史上初めて100兆ウォンを超えるものと予想される。

今年上半期中に世帯当たりで負担した月平均健康保険料は13万1685ウォンだ。2017年10万1178ウォン比30.2%、年平均5.4%増加した。

新型コロナウイルス感染の流行で病院訪問が減り、保険財政が黒字を記録したものの、保険給与範囲が拡大し続け、支出も増えた。保健福祉省もまた、2022年から健康保険が1兆4000億ウォン程度の赤字が予想され、財政健全化方案を用意すると明らかにした。

健康保険収支は2012~16年に毎年3兆ウォン以上の黒字を記録したが、2017年から急激に悪化した。

赤字規模は2024年2兆6000億ウォン規模に増え、2028年には8兆9000億ウォンに達すると予想される。2022年21兆2000億ウォン程度と推算される積立金も2028年には底をつくものと見られる。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular