2024 年 5月 18日 (土)
ホーム経済IT/メタバースサムスンSDI、日本のダブル・スコープとセパレーター供給契約

サムスンSDI、日本のダブル・スコープとセパレーター供給契約

サムスンSDI社屋の全景写真(c)KOREA WAVE

韓国の電池大手「サムスンSDI」と、リチウムイオン二次電池の主要材料セパレーター(分離膜)の製造・販売を手掛ける日本の「ダブル・スコープ」(東京都品川区)が先月31日、2027年までの5年間のセパレーター供給契約を締結した。ロイター通信など複数のメディアが1日伝えた。

ダブル・スコープが供給するセパレーターの量は40億平方メートルだ。

SNEリサーチの分析によると、約569GWh規模のバッテリーを生産できる量だという。契約規模は推定約5兆1000億ウォン(約5650億円)。

また、SNEリサーチは、ダブル・スコープの韓国連結子会社「WCP」が2027年までにサムスンSDIのセパレーター需要の半分以上を担うことになると見通している。

(c)KOREA WAVE

RELATED ARTICLES

Most Popular