2024 年 2月 21日 (水)
ホーム国際ウクライナ大統領の兵器支援要請、韓国が固辞

ウクライナ大統領の兵器支援要請、韓国が固辞

11日、韓国国会でテレビ演説をするウクライナのゼレンスキー大統領(共同取材写真)©NEWSIS

韓国国防省が、ウクライナのゼレンスキー大統領から兵器支援要請を受けた際、その申し出を固辞する意思を明らかにした。米CNNやAP通信などが伝えた。

ゼレンスキー氏は韓国国会での演説で「ロシアからウクライナを守るための兵器」を要請した。

AP通信によると、演説の数時間前の段階で、ゼレンスキー氏は韓国側に対空兵器の支援を要請したものの、韓国国防省がこれを固辞したという。韓国がこれまで支援してきたのは、非殺傷軍需物資だけだった。

それでもゼレンスキー氏はテレビ演説で国会議員や国民に向けて兵器提供を求めたという。

APによると、韓国は米主導の対露制裁に参加し、ロシアへの戦略物資の輸出を禁止して、ロシアの主要銀行や政府系ファンドとの取引を中断している。APは「ゼレンスキー氏は、韓国のこのような努力に感謝の意を表しながらも、制裁だけではロシアのウクライナ侵略を止めることはできないと述べた」と伝えている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular