2024 年 5月 18日 (土)
ホームエンターテインメントインタビュー キム・テヒョン演出「アーモンド」…「感情のない子、でも響きがある」(上)

[インタビュー] キム・テヒョン演出「アーモンド」…「感情のない子、でも響きがある」(上)

3月17日、インタビューを終えて写真撮影に臨むキム・テヒョン©NEWSIS

「主人公は感情を感じることができない子です。誰が見ても悲しかったり痛かったり、または嬉しかったり幸せな状況であっても、無表情で淡々と話し歌います。でも、観客たちは子供が本来、抱くべき感情を知っているじゃないですか。その感情を代わりにくみ取りながら、むしろ情緒的に、さらなる響きがあるのだと思います」

2017年に出版された作家ソン・ウォンピョンの小説「アーモンド」がミュージカルとして生まれ変わる。

海外20カ国、韓国国内販売数90万部を突破し、好評を得ているベストセラーだ。制作会社ライブの創作ミュージカル公募展「グローバルミュージカルライブ」の2019年の最終候補作として、約4年間の準備期間を経て、4月2日、ソウル市江南(カンナム)区のCOEXアティウムで初演を迎える。

演出家のキム・テヒョンは今月17日、ソウル市鍾路(チョンノ)区大学路(テハンノ)のあるカフェでインタビューに答えた。

「大衆によく知られている作品なのでプレッシャーにもなるし、期待もしてもらっています。舞台でしか見られない特別なものをお見せできるよう一生懸命準備しています」

作品は、主人公「ユンジェ」の成長物語を描く。ユンジェは、脳の扁桃体が小さく、感情を抱くことのできない「失感情症(アレキシサイミア)」という先天性の病気を患っている。

ミュージカル「アーモンド」ポスター©news1

母親と祖母は、彼が平凡な社会生活が送られるよう感情を学習させるが、ある日、不慮の事故で世を去る。残されたユンジェが周囲との葛藤と和解を通じて、他人の感情を理解する。

小説はキム・テヒョンの心を動かした。演出の提案を受け、本を読んだ彼は「舞台で伝えたい話」と思ったという。

「関心を持って見守っている少数者と弱者の話でもあり、青少年の話でもあり、さまざまな面で興味深かったですね。私にも子供がいるので、親の立場から見る視線もありました。感情の交流や共感に対して悩む、という点で洞察を得る部分もありました」

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular