2024 年 5月 21日 (火)
ホームライフスタイルトラベル「10万ウォン差し上げます。旅行に来てください」…現金をまく韓国の観光地

「10万ウォン差し上げます。旅行に来てください」…現金をまく韓国の観光地

丹陽・満天下スカイウォーク©news1

休暇シーズンを前に、韓国で地方自治体の観光客誘致キャンペーンに拍車がかかっている。中には、従来のポイントやクーポンなどを支給する方法ではなく、“自主精算プログラム”を製作して現金を支給する地方自治体があらわれ、観光客の関心が高まっている。

◇最大7万ウォンまで

全羅南道(チョルラナムド)莞島郡(ワンドグン)は、先週から観光客1チーム(2~10人)当たり、最大7万ウォンまで支援する格安観光イベントを企画した。これが口コミで広がり、申込者が殺到している。

莞島郡はこれまで地域の飲食店や宿泊業者を利用した観光客に割引をし、参加した事業者には割引相当額の支援金を与える方法で町の再生に努めてきた。

しかし、業種ごとに割引額が異なり、店ごとに利用率に差が生じるという指摘があり、最近、観光客に直接支援金を与える方針に変えた。今月15日から始まったイベントは、莞島郡民ではなく、他地域の住民なら誰でも申し込むことができる。

◇「予算使い果たすまで支援」

クーポンやポイントを支給する場合、使い道が制限されたり、手続きが煩わしかったりする。自治体の中には、こうした点を考慮して、最大限、現金を支給する方法を検討している。

莞島郡の場合、ネイバーフォームによる現金支給の方法を整えた。訪問前にネイバーフォームを通じて訪問者の情報・計画などを登録▽莞島郡が指定した観光地や宿泊業者、飲食店・カフェ、特産品販売業者を訪問▽その後、写真と領収書などを再びネイバーフォームに送る――という手続きを踏めば、登録した口座で現金を受け取ることができる。

指定された観光地などを2カ所以上訪問し、10万ウォン以上使用した領収書を証明すれば3万ウォン、3カ所以上訪問して20万ウォン以上使用した領収書を証明すれば7万ウォンが支給される。莞島郡は1億ウォン規模の予算を編成、予算が使い果たされるまで旅行経費を支援する。

郡の関係者は「新型コロナウイルス感染で低迷している地元観光業を生かすため、さまざまな方法を検討している。観光客に(現金を)支給する方法が効率的であると判断し、今回のイベントを用意した。予算を考慮すれば2500チーム程度が支援金の恩恵を受けられると見ている。現在反応が良い」と話した。

◇レビューをSNSに

訪問客に現金を支援して注目されている自治体は他にもある。

忠清北道(チュンチョンプクド)丹陽郡(タニャングン)は、チーム当り、旅行経費10万ウォンを支給する体験型プログラム「丹陽ランダムミッショントラベル」を運営している。

2~8人の観光客がチームを組んで丹陽郡を代表する「満天下(マンチョナ)スカイウォーク」「嶋潭三峰(トダムサムボン)」など主要観光地を訪問し、食事や体験活動レビューをSNSに載せれば支援金を支給するプログラムだ。

今月4日から年末まで受け付ける予定だったのが、募集5日で500チームの参加申請が殺到、現在はキャンセル待ちの状態だ。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular