2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済「“金のスプーン”未成年者」約4000人…1人当たりの利子・配当のみ年1.8億ウォン

「“金のスプーン”未成年者」約4000人…1人当たりの利子・配当のみ年1.8億ウォン

©MONEYTODAY

韓国で、利子や配当など金融所得で年間2000万ウォン以上を稼ぐ「“金のスプーン”(裕福な家に生まれた)未成年者」が2020年現在、3987人に達することが判明した。野党「共に民主党」のコ・ヨンジン議員(国会企画財政委員会所属)が国税庁から受け取った資料で明らかになった。

金融所得総合課税は、利子と配当などを合わせた金融所得が年間2000万ウォンを超過する高所得者だけを対象とする。

未成年の金融所得総合課税者が申告した金融所得は計7108億ウォンで、1人当たり平均1億7800万ウォンとなる。2019年には2068人が2108億ウォンを申告していたことから、1年で人数は93%増、金額は235%増となった。1人当たりの金融所得も1億193万ウォンから1億7827万ウォンに75%増。

未成年の金融所得総合課税者の99.5%は配当所得で、ほとんどの株式を通じて金融資産が相続されている。実際、未成年配当所得は2019年の2063億ウォンから7069億ウォンに3.4倍増えた。

年齢別に見ると、満6歳未満の未就学児童が765人で、前年比449人(142%)増えた。所得は計1486億ウォンで、1人当たり1億9401万ウォン水準だ。0~1歳の赤ちゃん87人も170億5100万ウォンの金融所得を申告した。1人当たり約2億ウォンに達する。

コ・ヨンジン議員は「未成年者の金融所得増加は、早期の贈与による富の相続の影響が大きい。未成年者の株式や不動産贈与のプロセスで税金漏れがなかったか、しっかりと調査する必要がある」と強調している。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular