2024 年 5月 22日 (水)
ホーム経済IT/メタバース「カカオトーク不通大乱」でLINE約110%↑

「カカオトーク不通大乱」でLINE約110%↑

15日、SKC&C板橋データセンターで発生した火災により、障害が発生したカカオトーク(写真=カカオトークキャプチャー)©NEWSIS

韓国ネット大手カカオのトラブルを受け、主要サービスの利用者が代替アプリに大挙「避難」していたことがわかった。最も代表的なメッセンジャーアプリであるカカオトークの場合、利用時間が前日の半分水準に落ちた。

ビッグデータプラットフォーム企業「IGA Works」のモバイルインデックスによると、火災事故が発生した15日、カカオトーク、カカオT、カカオマップなどの利用時間は前日比で最大半分ほど減った。

これに対し、カカオトークの代替アプリであるLINEは総使用時間が14日約9万2000時間から15日約19万2000時間に約108.3%増えた。DAUも96万6000人余りで118.3%増となった。このほかネイバー(11.7%↑)、ネイバー地図(41%↑)、ネイバーシリーズ(15.3%↑)なども使用時間が増えた。

カカオモビリティに代替できる「ウッティ」アプリの場合も総使用時間約1万5000時間、DAU14万7000人余りでそれぞれ53.5%、230.7%増加した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular