2024 年 2月 23日 (金)
ホーム政治Spotify、ロシアでのサービス終了を宣言

Spotify、ロシアでのサービス終了を宣言

8日に開かれたスポティファイの記者懇談会(同社提供)©news1

デジタル音楽ストリーミング「スポティファイ(Spotify)」を運営するスウェーデンの「スポティファイ・テクノロジー(Spotify Technology SA)」は25日、ロシアの新たなメディア法を理由に、同国でのストリーミングサービスを中断すると発表した。

ロイター通信によると、スポティファイは同日の声明を通じて「不幸にもロシアで最近制定された法律は、情報に対する接近をさらに制限し、表現の自由をなくしている」と指摘。「ロシアが特定のニュースを犯罪と規定しており、自社職員とリスナーを危険に陥れるとみている」との認識を示した。

同社はロシアのウクライナ侵攻を糾弾し、今月初めにロシア事務所を無期限で閉鎖。関係者によると、ロシアでのサービスは来月初めに終了するという。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular