2024 年 6月 14日 (金)
ホーム経済半導体SKハイニックス、次世代知能型メモリー半導体PIMを開発

SKハイニックス、次世代知能型メモリー半導体PIMを開発

写真=SKハイニックス©news1

韓国半導体大手SKハイニックスは16日、演算機能を備えた次世代メモリー半導体「PIM」(Processing-In-Memory)を開発したと発表した。

これまでメモリー半導体はデータ保存の役割を果たし、人間の脳のような機能である演算機能は、非メモリー半導体の中央処理装置(CPU)やグラフィック処理装置(GPU)が担当するのが一般的な認識だった。

PIMはこのような観念を打ち破って演算もできる「次世代スマートメモリー」だ。メモリー半導体に演算機能を加え、人工知能(AI)とビッグデータ処理分野においてデータ移動の渋滞問題を解決できる次世代技術に挙げられている。

SKハイニックスは今月末、米サンフランシスコで開かれる半導体分野の世界最高の権威学会「国際固体素子回路会議」(2022ISSCC)でPIM開発の成果を公開する予定だ。

技術が今後、発展すれば、スマートフォンなどの情報通信技術(ICT)機器においてメモリー半導体が中心的な役割を果たす「メモリーセントリックコンピューティング」も可能になると期待される。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular