2024 年 2月 23日 (金)
ホームライフスタイルMZ世代をターゲット、人気の「干支マーケティング」

MZ世代をターゲット、人気の「干支マーケティング」

©NEWSIS

韓国の流通業界が2022年「壬寅(みずのえ・とら)」の年を迎え、新年早々からトラを前面に押し出したマーケティングを展開している。

正月のマーケティングは、その年を象徴する動物をアピールした「干支マーケティング」が中心だ。キャラクター化しやすい動物を用い、消費者も手に取りやすく、注目も集められるためだ。

流通業界は、今年の干支であるトラをユニークに再解釈したおしゃれなデザインを打ち出し、限定品を発売するなど活発に動いている。

◇タイガーパッケージ

コカ・コーラは最近、パッケージにトラのイラストを加えた「コカコーラ・タイガーパッケージ」を発売した。昨年リニューアルしたパッケージに、トラのイラストが追加されているのが特徴だ。

トラの親子を描くことで、新年の温かく、幸せな日常を応援しようというものだ。正月に、家族や友だちなど親しい人と過ごすことで、日常が魔法のように特別なものになるという「つながり」「楽しさ」を経験してみよう、という意味が込められている。

タイガーパッケージは限定版パッケージとして公開され、「分け合うこと」「集めること」の価値を高めた。

◇ガオーエディション

ピングレの「バナナ牛乳」(バナナウユ)は、容器にトラのキャラクターをプリントした「ガオー」エディションを公開した。寅年だった1974年に初めて発売されたバナナ牛乳の48周年を記念するという意味も込められているそうだ。

「ガオー」エディションは、この製品独特のつぼ型の容器に、かわいらしいトラの顔がプリントされている。4個入りマルチパックは、雪の降る正月の雰囲気が連想されるデザインとなった。

©NEWSIS

◇縞模様

トラの顔をキャラクター化したり、勇猛なトラを連想させるピリ辛の商品も人気だ。

クリスピー・クリーム・ドーナッツは新年を迎えて、新商品「ボクパダラン」(韓国語で「あけましておめでとう」「良い年になりますように」の意味)を販売した。

柔らかいドーナツにヘーゼルナッツチョコを入れた「ポクパダラン」、イチゴミルククリームが入ったハート形の「サランヘラン」、チョコレートアイシングをトッピングした濃い甘さの「ヘンボッケラン」の3種で構成されている。

カフェパスクッチ(CAFFE PASCUCCI)は、ムジクタイガー(MUZIK TIGER)とのコラボで新商品3種を発売した。「1秒1秒、トラの気運をもらってがんばりましょう!」というコンセプトで、各商品にトラの縞模様を表現した。

3種はラテジェラートと、香り高いアールグレイをブレンドし、やわらかい風味で満ち溢れた「タイガーアールグレイシェイク」、天日塩のジェラートとミルクをブレンドした「タイガーミルクシェイク」、チョコレートのロールシートに、しっとりとしたクッキーアンドクリームと濃いチョコクランチクッキーを入れた「タイガーロールケーキ」などだ。

◇グッズが目白押し

KFCは、トラの気運を込めたソイチキンという意味の「ソランイチキン」を発表した。

ソランイチキンは、深く濃い醤油によるコクのある味と、徐々に込み上げてくる辛さが特徴だ。

トラのキャラクターを活用して作られたグッズも見逃せない。

©NEWSIS

ホリーズコーヒーは「壬寅」を記念して、おしゃれなグッズで知られる「koon the shop」のイラストレーターとコラボしたトラのキャラクターを開発した。今月27日まで、店舗で販売されるケーキメニューなどに、トラのキャラクターのデコピックを挿して提供する。

スターバックスは、黒いトラの年(壬寅)を表現したグッズを公開した。「新年のトラマグカップ」と、携帯や電子機器を置くことのできる「トラフィギュアスタンド」など31種の商品だ。

パリバケットは「2022 力強いトラの気運をもらいましょう!」をテーマに、トラの仮面を被ったライアン(RYAN)が福袋を持っている立体ケーキを発売した。今月中に、ライアンのペットであり友達である「チュンシク」というキャラクターがトラの仮面を付けた「チュンシク・クッション」も公開される。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular