2024 年 5月 21日 (火)
ホーム経済LG電子、太陽光パネル事業中止へ「未来の新事業に集中」

LG電子、太陽光パネル事業中止へ「未来の新事業に集中」

LG電子の太陽光発電装置©news1

韓国LG電子は22日に開かれた取締役会で、太陽光セルとモジュール(太陽光パネル)事業を今年6月30日付で終了することを決めた。同社が23日明らかにした。

2010年に太陽光パネル事業を開始したLG電子はNタイプ、両面型など高効率プレミアムモジュールを中心に事業を展開した。

だが、グローバル太陽光市場は、安価の製品販売が拡大して価格競争が激しくなり、ポリシリコンを始めとする原材料コストが上昇するなど、市場と事業環境が悪化したことから、撤退が検討されてきた。

さらにLG電子の太陽光パネルのグローバル市場シェアが1%台にとどまり、売上と営業利益も減少したことで事業中止を決定した。2019年の1兆1000億ウォン台の売上は、2020年は8000億ウォン台に減少し、事業の不確実性も続いた。

ただ、LG電子はA/Sなど必要な物量を考慮して、第2四半期まで太陽光パネルを生産する。

太陽光パネル事業関連の韓国国内約600人を含むエネルギー事業部の職員900人余りについては再配置を進める。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular