2024 年 4月 21日 (日)
ホーム特集KW レポート 「星1つ」は本当にまずいのか…食べて確かめた (1)

[KWレポート] 「星1つ」は本当にまずいのか…食べて確かめた (1)

知らない人の評価だけに頼ってよいのか

Aカフェにつけられた「星1つ」レビュー。その評価を受けた「グレープフルーツエイド」©MONEYTODAY

韓国の飲食店につけられるレビューに疑問の声が上がっています。「腐った味がする」「テーブルがベタベタしてる」などの文章とともに、「星1つ(★)」という評価を突きつけられ、戸惑う店主が少なくありません。こうした「★」評価は妥当なものなのか――記者が自ら出向き、確かめてみました。(シリーズ1/4)

◇「わたし史上、最悪のタルト」

「星1つ」がつけられた「Aカフェ」に入ってみた。この店のレビューには、こう記されているからだ。

「世界一まずいエード。グレープフルーツエード? 正直コンビニ1000ウォンのジュースの方がよっぽどおいしい」(★)

「わたし史上、最悪のタルト」(★)

Aカフェに入ると、従業員2人が愛想よく「いらっしゃいませ」とあいさつする。

店をざっと見渡すと、センスの良いインテリアが置かれていた。店の随所で青々とした植物が目に入り、心が安らいだ。

年配の男性店主があちこち動き回り、エアコンの風がやや寒いのではと感じたのか、天井に手をかざしていた。既に十分涼しく、汗が心地よく乾いていった。

カウンター前に立つ。

几帳面に帽子をかぶった中年の女性店員が私に「ご注文をどうぞ。ゆっくりでいいですよ」と告げた。

私は既に注文を決めていた。

「グレープフルーツエードを一つ、それからエッグタルトを一つください」

「星1つ」をつけられていた、例のメニューだった――。

グレープフルーツエイドをゆっくり飲んで、感想を書き、また吟味して、感じたことを綴った©MONEYTODAY

◇店員「星やレビュー? もちろん見ます」

しばらくして、注文したグレープフルーツエードとエッグタルトが目の前にやってきた。

偏見なく、本当にダメな味ならその通り記録する。そのつもりで、テーブルの上にノートとペンを置いた。

まずは前者。

すっと吸い上げ、大きなグレープフルーツの塊をかみ砕いた。グレープフルーツをすりおろしたようだった。メニューには「100%搾汁ジュース」と書かれたある。

少し甘いが、炭酸の味は悪くない。グレープフルーツの風味が広がり、さわやかな気持ちになった。

のどを通った後、口いっぱいに味が残る。濃さも十分だった。もう一口飲んで味わう。

私の結論は――グレープフルーツエードは「おいしかった」。

次は後者。

まずひと口食べた。丸い外側はサクッとし、真ん中はふわっとしていた。

ほどよい甘さで、あっさりした後味だった。

ポルトガルで食べたものほどのしっとり感はないが、韓国の一般的な場所で食べるタルトの味には近かった。

私には「良い味」に感じられた。

そして、店員に尋ねてみた。

「星やレビュー? もちろん見ますよ。良くないことを書かれていますね。味に対する評価であるならば、私たちも仲間内で、それに対する話し合いをします」

ただ、「★」という評価について、謙虚なのか言葉を選んでいるのか、「お客さんの立場では、不快に感じられたのかもしれません」という返事だった。

これといって方法がない、そうだ。

先に言及した二つのレビューだけは目にしないでほしい、と願うしかなかった。

記者が8年間通い詰めたトッポッキ店。味というものは、あくまでも主観的だ©MONEYTODAY

◇味とは主観的なもの

この企画を考えたのには、わけがある。

たまたま、記者が8年間も通い詰めているトッポギ店に対するレビューを見たからだ。

海鮮と野菜がたっぷり入っている。それでいてスープはあっさり、ピリ辛だが刺激的ではない。

店主も情に厚い人だ。記者が店で食事をしている時、煮込んでいる間に携帯電話ばかりを見ていて、ふたを開けそびれると、店主は静かにやってきて代わりに開けてくれる――そんな人柄だ。

つまり、それだけ「自分のつくる料理をおいしく食べてもらわないと困る」というプライドも強いわけだ。

そういう気持ちもあって、新型コロナウイルス感染で経営が圧迫されていた時でも、デリバリーには応じなかった。「店で食べるのと同じ味がしない」という心配があったためだ――。

誰よりもよく知っている、このトッポギ店に、どこの誰か知らないが、次のようなレビューを残している。

「ヤンニョムそのものの甘みがない。トックも硬い。チョルミョンも短すぎて薄い。これまで食べたトッポギの中で一番まずい」(★)

味とは主観的なものだ。だが、そういうことを考慮したとしても、このレビューに書かれた内容には承服できない。甘さもある。トックも硬くない。チョルミョンも短くなく、決して、薄くない……。

そう考えている時、ふとあることが頭をよぎった。

自分自身、見ず知らずの人のレビューだけに頼って、数多くの店を選択肢から外してこなかっただろうか――この考えから始めたのが、今回のレビューに対する自己流の検証だった。

特別な基準を設けたわけではない。ただ、「★メニュー」のレビューがあった店だけを選んだ。

その店が、私にも同じように「星1つ」をつけさせるかもしれない。いや、もしかすると否定的なイメージが1%でも加算されるかもしれない。所在地や店名を匿名にしたのは、そういう考えからだ。

(つづく)

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular