2024 年 5月 24日 (金)
ホームエンターテインメントKANGTAとBoA、SMのストックオプション売却で「大当たり」

KANGTAとBoA、SMのストックオプション売却で「大当たり」

KANGTAとBoA(写真=SMエンターテインメント)©MONEYTODAY

グループH.O.T出身の歌手KANGTA(カンタ)が韓国の代表的な芸能企画会社SMエンターテインメントの株式を売り、莫大な収益を上げたことが金融監督院の電子公示でわかった。

KANGTAは22~26日の取引終了後、公示を通じてSM株式2300株(1億7940万ウォン分)を売却した。1株当たりの売り越し価格は7万6200~7万9500ウォンだ。

◇過去にも大きな相場差益

KANGTAはSMの未登記役員を務める。7月にストックオプションの権利を行使し、6000株を1株当り4万2640ウォンで買い入れた。KANGTAは今回の取引で2カ月で約8100万ウォンの相場差益を得た。収益率は83%に達する。

まだ売っていない3700株を含めれば、潜在的な相場差益は約1億7200万ウォンに達するものと推定される。

KANGTAは2018年12月~2019年6月にも、ストックオプションで買い入れた株式を売り、大きな相場差益を上げた。

当時、KANGTAは1株当たり2万3251ウォン~3万5587ウォンでストックオプションを行使し、計1万7000株を買い入れ、4万4350ウォン~5万3500ウォンで売り渡した。KANGTAは5億1863万ウォンで買収した株式を8億1235万ウォンで売り渡し、6カ月で3億ウォンを超える相場差益を残した。

◇「ライク企画との契約早期終了」で株価大幅上昇

KANGTAと同様、SMの未登記役員を務める歌手BoAも数回ストックオプションを行使して4億ウォンに達する相場差益を得た。

BoAは昨年7月、ストックオプションを行使してSM株式6000株を1株当たり4万2640ウォンで買い入れ、このうち4800株を同年8月と10月に1株当たり6万2500ウォン、7万6100ウォンでそれぞれ売り渡し、1億556万ウォンの収益を上げた。BoAが売り渡した後、保有しているSM株式は1200株だ。

SMは2000年3月、コスダック(KOSDAQ)市場に上場した。当時、18億ウォン水準だった営業利益は、2021年には675億ウォンと、37倍に達した。

SMは今月15日、総括プロデューサー、イ・スマン氏の個人会社「ライク企画」との契約早期終了を検討中だと公示した。SMはこれまでライク企画に毎年営業利益の10~20%を支給してきており、これがSMの株価上昇を制限する要因と指摘されてきた。

SMがライク企画との早期契約終了検討のニュースが伝えられた翌日、SMの株価は1日で前取引日より18.60%上昇した7万6500ウォンで取引を終えた。株価の大幅上昇後、役員らは相次いで保有株式を売り渡して差益を出している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular