2024 年 5月 21日 (火)
ホーム経済IT/メタバースK-コンテンツ業界「人材不足」、制作支援を

K-コンテンツ業界「人材不足」、制作支援を

26日に開かれた韓国コンテンツ振興院「22コンテンツ産業フォーラム」(YouTube生中継スクリーンショット)©news1

韓国文化体育観光省と韓国コンテンツ振興院がこのほど、「2022コンテンツ産業フォーラム」をオンラインで開催したところ、コンテンツ産業の発展のため、政策改善や体系的な人材育成を求める声が相次いだ。

討論には、IT技術を使ったコンテンツ事業を展開する▽ユニティーコリア本部長のキム・ボムジュユ▽ネイバーウェブトゥーンリーダーのナム・ギョンボ▽CJ ENM局長のイ・ナムジュ▽カカオエンターテインメント副社長のチョ・ハンギュ▽韓国コンテンツ振興院本部長のソン・ジン――の各氏が参加した。

ユニティーコリアのキム・ボムジュ本部長は、メタバース開発者教育の投資について強調した。キム本部長は「今の現場では(メタバース)関連技術を利用できる人材が不足している。最近のコンテンツ制作は技術を融合しながら拡張し続ける状況のため、教育に終わりがない」と話した。

ナム・ギョンボ氏は、ウェブトゥーン産業の振興のため、翻訳人材の養成を提案した。10カ国語でのサービスであるネイバーウェブトゥーンの場合、一部の国で翻訳が難しいという理由からだった。

ナム氏は「翻訳プロセスで困難を感じる理由は文化的な差異だ。文化的な文脈を翻訳で伝えるのが重要だが、この部分が難しい。韓国国内教育の活性化と海外人材の養成を通じて企業と連結してくれれば、海外進出に大いに役立つだろう」と述べた。

CJ ENMのイ・ナムジュ氏は、デジタルコンテンツ支援と育成のために「コンテンツの研究開発(R&D)概念を導入し、映像コンテンツ制作費の税制支援の強化・制作投資支援制度の改善などを主張した。K-コンテンツの競争力拡大のためには、投資財源の拡大が切実だという主張だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular