2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治K-コンテンツのグローバル化拡散に1兆ウォン投資…文化体育観光省予算14.5%配分

K-コンテンツのグローバル化拡散に1兆ウォン投資…文化体育観光省予算14.5%配分

©MONEYTODAY

韓国政府は、好調な韓流コンテンツのグローバル化拡充に一層力を入れる方針だ。文化体育観光省は今月15日、来年度の省庁予算(6兆7076億ウォン)の14.5%にあたる9743億ウォンをコンテンツ分野に割り当てたと発表した。

韓流コンテンツに関し、基盤の整備▽重点分野の集中育成▽魅力の拡大▽新市場開拓――の4つの戦略と、14の細部課題を中心に推進し、ユン・ソンニョル(尹錫悦)政権の国政課題である「韓流コンテンツ世界拡散」を実現するためだ。来年の韓流コンテンツの売上額約153兆ウォン、コンテンツ関連の雇用約68万件、コンテンツ輸出額約166億ドル――との目標も提示した。

文化体育観光省©MONEYTODAY

韓流コンテンツの重点分野の集中育成に関しては、1882億ウォンを投入する。K-POPやゲーム、映画、ウェブトゥーン(デジタル漫画)、ドラマなどを集中的に育てていくための予算だ。

ゲーム分野の発展に向けた支援事業も拡大する。ゲーム企画支援に50社を選定し、各1億ウォンずつ50億ウォンを提供する。障害者eスポーツ大会にも5億ウォンの予算を投入する。

韓国映画の多様性と創意性の拡大に向けては、独立芸術映画製作支援事業として117億ウォンを編成する。韓国発のデジタル漫画として注目される「ウェブトゥーン」分野では、多額の予算を投入し、文化体育観光省は「ウェブトゥーンのパイオニアとしての地位にふさわしい支援を継続する予定だ」としている。

海外拠点の拡大にも力を入れる計画だ。「韓国コンテンツ振興院ビジネスセンター」を現在の10カ所から15カ所に拡充し、韓流の持続的な海外進出につなげる。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular