2024 年 6月 19日 (水)
ホームエンターテインメントHYBE代表「BTSの解散、考えていない。活動範囲広げる」

HYBE代表「BTSの解散、考えていない。活動範囲広げる」

BTS(Weverseキャプチャー)©news1

BTSが個人活動の本格化を明らかにするなか、所属事務所BIGHIT MUSICの親会社HYBE(ハイブ)のパク・ジウォン代表は、一部で浮上している解散説については否認した。

パク・ジウォン代表は15日、職員にメールを送り、「14日のYouTube『BANGTAN TV』生放送で伝えられたアーティストのメッセージは、今後も成長を続け、成熟していくために、チームと個人の活動を並行して進め、その幅をより多角的にしていくもの」と強調した。

そのうえで「BTSは解散を全く考えておらず、その手続きが進められていることもない」と述べ、一部で浮上している「個別活動はグループ解散のプロセス」との見方を否定した。

パク代表は「BTSの活動をしばらく休むというアーティストのメッセージは、完全な活動中断を意味しない。アーティストとしてさらに成長し、飛躍する契機になるだろう」と伝えた。

パク代表によると、メンバーごとに活動計画が整えられ、まもなく発表されるという。グループとしての活動はニューアルバム「Proof」での活動が本格化している。

BTSは過去にも周期的に長期の休息を取ったことがあり、今回は個人活動に沿って、メンバーごとに必要な休息、作業時間を確保することになると見通した。

BTSのメンバーは14日午後9時のBANGTAN TVで当面、グループ活動を中断する計画を知らせた。BIGHIT MUSIC側は15日、news1の取材に「グループでの活動中断というよりは個別の活動を予告した」「ソロアルバムを出すなど多様な活動を準備しようとするもので、今後、グループとしての動きも活発になるだろう」と伝えている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular