2024 年 7月 25日 (木)
ホームエンターテインメントDKZギョンユン側、カルト宗教との関係についてコメント

DKZギョンユン側、カルト宗教との関係についてコメント

(c)STARNEWS

韓国のカルト宗教の内幕を暴露したNetflixドキュメンタリー「すべては神のために:裏切られた信仰」が大きな話題を集める中、ボーイズグループ「DKZ(ディーケージー)」の所属事務所は7日、メンバーのギョンユンの両親が番組に登場したキリスト教福音宣教会(JMS)と関連があるという疑惑について釈明した。

事務所はDKZのファンカフェを通じて「ギョンユンは特定団体について両親が通う一般的な教会だと認識しており、放送を見て驚きを禁じ得なかった。今後いかなる関係もないことを明確に申し上げる」と明らかにした。

また「きちんと調べられなかった点を申し訳なく思う。無知が弁解にはならないが、特定団体の利益のためとか、あるいは犯罪事実を擁護する気持ちはまったくない。これ以上の過度な推測や言及は自制をお願いする」とした。

最後に「今回の事態によって不快に思ったすべての方々に改めて謝罪する。当社もサポートする」と伝えた。

3日に公開された「すべては神のために:裏切られた信仰」では、JMSチョン・ミョンソク総裁による女性信徒への常習性的暴行疑惑を取り上げた。オンライン上ではJMS関連場所だとされる場所が次々明らかにされ、その中にギョンユンの両親が経営するカフェの住所が含まれていた。

事務所側はこの日のコメントで「家族が経営している店は直ちに営業を中止する」としている。

(c)STARNEWS

RELATED ARTICLES

Most Popular