2024 年 2月 27日 (火)
ホーム政治 李、光化門で最後の遊説

[D-1] 李、光化門で最後の遊説

7日午後、大邱の公園で有権者に向かってあいさつするイ・ジェミョン(李在明)候補©NEWSIS

韓国大統領の与党「共に民主党」候補イ・ジェミョン(李在明)氏は選挙前日の8日、ソウルと首都圏を中心に支持を訴える。最後の遊説は、ソウル光化門(クァンファムン)広場で実施する。

イ候補はこの日午前、ソウル・汝矣島(ヨイド)の党本部で「危機克服、国民統合特別記者会見」から日程を始める。最近、統合政府論を強調しており、統合と和合のメッセージを強調し、支持を訴えるものとみえる。

その後、汝矣島の証券街を訪れ、「コスピ5000時代、イ・ジェミョンと共にコリアプレミアムで」というテーマで汝矣島の会社員らと対面する。経済を活性化させる「有能な経済大統領」のイメージを浮上させようという意図が込められている。

午後にはホームグラウンドだった京畿道(キョンギド)と仁川(インチョン)など首都圏地域を回りながら支持を訴える。

最後の遊説は「ろうそく集会」の記憶を想起させる光化門広場に決まった。今回の大統領選の最大の勝負どころである首都圏の中道・浮動層を刺激するとともに、核心支持層を鼓舞しようという意図だ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular