2024 年 5月 23日 (木)
ホームエンターテインメントCJ CGV、第3四半期の営業利益77億…新型コロナ以降、初の黒字転換

CJ CGV、第3四半期の営業利益77億…新型コロナ以降、初の黒字転換

CGV永登浦(ヨンドゥンポ)スクリーンX館全景(写真提供=CGV)(c)MONEYTODAY

韓国の映画配給会社CJ CGVが今年第3四半期に連結決算で営業利益77億ウォンを記録し、新型コロナウイルス感染以後初めて黒字を記録した。

CGVは韓国とベトナム、インドネシアなど東南アジア地域でローカルラインナップによって緩やかな回復傾向を見せ、第3四半期の売り上げは前年同期比150%増の4051億ウォンを記録。営業利益は前年同期775億ウォンの赤字から今年77億ウォンに黒字転換した。

世界で興行的に成功した「トップガン マーヴェリック」と、韓国で第3四半期だけで「閑山:龍の出現」が726万人、「コンフィデンシャル/共助2」が583万人の観客が劇場を訪れ、黒字転換達成に寄与した。

子会社のCJ4Dフレックスは売り上げ398億ウォン、営業利益96億ウォンを記録し、黒字転換した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular