2024 年 2月 29日 (木)
ホームエンターテインメントBTS兵役特例、4月国会で検討も

BTS兵役特例、4月国会で検討も

「第64回グラミー賞」でパフォーマンスを披露するBTSのメンバー©news1

韓国与野党が、K-POPアイドルグループBTSをはじめとする著名ポピュラー芸術家に兵役特例を提供するという法案処理に共感を示している。

保守系最大野党「国民の力」のソン・イルジュン政策委員長は12日のMBCラジオで、BTS兵役特例関連の質問を受け、「早く検討しようという両党幹事間の協議があった」「民主党がより積極的だ」と述べた。ソン氏は国会国防委員会幹事を務めており、「公平性と国益に関連した問題であるため、与野党間の意見の相違はなさそうだ」と述べた。与野党が関連法案処理に肯定的な検討をしているという意味に解釈される。

現在、国会には大衆芸術家を芸術・体育要員に編入できる内容を骨子とした兵役法改正案が議論されている。ソン議員は「この問題は二つの側面から考えなければならない。一つは公平か、二つ目は国家への貢献として何が大きいのか、国益に何が役立つのか」という見解を明らかにした。

4月の国会処理の可能性については「政府側ではできるだけ早く処理してほしいという意思は受けた」と述べた。ただ、兵役義務が与えられた20代男性の中には反発の雰囲気が大きく、結論が出るかは未知数だ。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular