2024 年 6月 13日 (木)
ホームエンターテインメントBTSのMV、月探査機タヌリで宇宙旅行

BTSのMV、月探査機タヌリで宇宙旅行

タヌリを搭載した米国スペースXのファルコン9が米宇宙軍基地で起立している(共同取材記者団)©news1

韓国初の月軌道衛星「タヌリ」が5日午前8時7分(日本時間)ごろ、米フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から米宇宙企業スペースXのロケット「ファルコン9」で打ち上げられた。

タヌリは高度約100キロを周回し、地球や太陽の重力を利用しながら移動した後、12月16日に月の周回軌道に投入される予定。

BTS©news1

韓国電子通信研究院(ETRI)によると、タヌリの宇宙インターネットの実験にBTSのヒット曲「Dynamite」のミュージックビデオが使われるという。

「Dynamite」はタヌリに載せられて宇宙を旅行し、月に到着して再び地球に戻ることになる。

地球で使われるインターネットは常に接続されており、非常に遅延の少ない通信ネットワークで作動している。だが、宇宙探査では状況が異なる。

惑星間あるいは惑星を越える宇宙通信では遅延が非常に長い。宇宙規模でみれば近い「地球―月」間でも、光の速度で1.7秒の遅延が生じる。火星の場合は8分という。また、天体間通信では通信衛星が天体に遮られるなどの問題で通信が不可能な状況がしばしば起きる。

長い「遅延時間」と惑星による「通信途絶」という2つが、宇宙インターネットを具体化するために考慮しなければならない「定数」となっている。

宇宙インターネットの実験データとしてBTSのミュージックビデオを使うのは、ETRIの研究員の提案という。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular